ジョブコーチ支援事業

事業内容

障害のある方が一般の企業で働くことを実現する為、職場適応援助者(ジョブコーチ)が、障害のある方と企業の双方を就労の観点から支援致します。就労希望者には「仕事内容」や「企業でのマナー」等を伝え、企業側には「障害のある方とどう接するか」「どう仕事を教えるか」等、その方の障害の特性等を説明致します。又、ご家庭や他機関と連携を図り、就労希望者の就職・定着を目指して支援していきます。

支援の流れ

1. ご相談

地域障害者職業センターの障害者職業カウンセラーが、障害者、企業それぞれと相談し、
現場の状況を十分に把握し、双方の同意を得た上で支援計画案を作成します。

2. 支援計画の策定

障害者職業カウンセラーは、支援計画案を障害者・企業に説明し、
支援の期間・頻度・方法等の予定を確認し、支援計画を策定します。

3. 支援の開始
(集中支援期)

ジョブコーチが直接支援を行い、障害者の不安を和らげ職場適応を促すと共に、
指導方法、対応方法について企業の指導者に対して見本を提示します。

(移行支援期)

ジョブコーチは、障害者と周囲の方々がお互いに理解し合い、指導者や社員が
自然に障害者に受入れられ、戦力として対応できる体制が構築されるよう必要な助言、
援助を行います。

4. 支援終了・フォローアップ

ジョブコーチは、フォローアップ計画に基づいて、定期訪問等の必要なフォローアップを行う他、終了後に新たな問題が発生した場合には、改善方法を検討し必要に応じて再支援を行います。

詳しくはこちらまで

社会福祉法人パステル セルプ花/ジョブコーチ支援係まで
【TEL】 0280-54-1387 【FAX】 0280-54-1398